topバナー


子宮頸がんワクチンの被害者(サーバリックス2回接種)から田村厚労大臣への手紙
手紙1「私を直して下さい!」

ワクチンの有効な年齢層での死者数はゼロ

年齢層別死亡率「誰も子宮頸がんワクチンの接種推奨年齢は小6~高1ですが、このワクチンの効果が確認されている期間は最新データで9.4年でしかありません。接種時平均年齢を14歳とすると、効果があると確認されているのは23歳まで。その年齢での死者数はゼロです。感染後10年かけてがんが成長するとしても、34歳までの死者も日本全国で年間わずか87人しかいません。死亡者が多いのはむしろ中高年。それなのに、莫大な税金を投入して、少女たちにワクチン接種することは理に適っているのでしょうか。